豪栄道の引退?今後の活動は?過去の経歴も振り返る

スポンサーリンク

スポンサーリンク


ニュースサイトにて活動に撲の豪栄道さんが引退する意向を固めた事がわかりました。

そこで今回は豪栄道さんの引退後の今後の活動などや今までの過去の経歴などについても記事にしてみましたのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

豪栄道の引退後の今後の活躍は?

豪栄道さんが引退する事を決意しましたが引退後は一体どうするのでしょうか?

良く一般の認識では相撲の世界では親方になったりと相撲部屋の引継ぎコーチとしての活躍など緑の下の力持ちのようなポジションを創造しますが実際には様々な条件をクリアしなければそのポジションに付く事ができないのが現実みたいです。

結構、戦績やキャリアに恵まれていないと厳しいみたいですね。

引退後の一般的なキャリアとしては意外にも介護、整体、飲食業の就職が一般的との事。

しかし、豪さんのキャリアは大関在位33位と言う高いキャリアを誇るのでこの事からもおそらく親方や相撲部屋の管理に移るのが現実的だと思われます。

可能性としては今後も相撲に携わった活動をされると思いますが先ほどのような普通の一般職に付く事も充分に考えられますね。

引退の決意は怪我や成績に恵まれなかったからか?

何故、豪さんが引退の決意が固まったしまったのかと言うとやはり負けた事で大関陥落してしまったり負けこんでしまった事からも年齢や今後の事も考えて今後活躍していくのが難しいと思ったからではの決断と見るのが妥当でしょう。

まだ諦めるには早いと言う意見が見られる物の豪さん自身の相撲の熱が燃えつきてしまった事からも今回の引退の決意を表明したのだと思います。

スポンサーリンク

豪栄道の過去の経歴を振り返る

それでは改めて豪栄道さんのいままでの過去の経歴を改めて振り返ってみたいと思います。

少年期

豪栄道さんは1986年4月6日生まれで生まれた時は体重が4300グラムあった立派な体格の持ち主でした。

相撲を始めたのは小学1年生の頃でありやはり素質があったせいか市の相撲大会にてあっさり優勝してしまいます。

この優勝をきっかけに相撲にハマっていきます。

そして中学の時に体重が軽かった紆余曲折もありながらも高校でインターハイ、世界ジュニア選手権など11個のタイトルを獲得した経験から挽回します。

そして高3の頃に境川部屋へ入門して角界入りを果たす。

実力は朝青龍からかなり評価されており期待の大型ルーキーだったそうです。

高校卒業後~青年期

高校卒業した後に2006年11月場所で新十両へ昇進し四股名を澤井から豪栄道へ改名。

2014年7月には周りの期待に応えて14場所連続関脇在位を経て、大関へ昇進します。

2016年に怪我の問題があった物の角番大関の2016年秋場所にて全勝と言う快挙をなす。

角番大関での全勝優勝は史上初の快挙!なんと86年ぶりの記録だそうです。

そしてその後は連勝、連敗、怪我などが重なり八方塞がりな展開があった物の頑張り続けました。

しかし積み重なる怪我にて限界がきたのかついに2020年1月場所にて関脇陥落が決定してしまう。

そして1月27日の現在で引退の意向を固める。

通算成績は696勝493敗66休。大関在位33場所は、琴奨菊を超える歴代10位の長命大関の成績です。

この事からも怪我などには恵まれなかったですがかなりの実力者でした。

ファンなどからの評価はかなり高くこれまでの豪さんの活躍を凄く評価されています。

スポンサーリンク

豪栄道の引退?今後の活動は?過去の経歴も振り返るまとめ

豪さんが引退するのは寂しいですがアスリートとして致し方ない部分もあったと思います。

今まで散々、体を酷使していきましたから今後はしっかりと体を休めて欲しいと願います。

記事を最後まで読んで頂きありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする