平手友梨奈(てち)の脱退理由まとめ!今後の活動なども調査

スポンサーリンク

スポンサーリンク


yahooニュースにて欅坂46に所属していた平手友梨奈さんが電撃脱退を発表しました。

今回は平手友理奈さんが何故、脱退したのかのまとめと今後の活動について記事にしましたのでどうぞよろしくお願いします。

スポンサーリンク

平手友梨奈の脱退理由まとめ

欅坂46の公式サイトにて

「欅坂46のメンバーとして活動してまいりました織田奈那、鈴本美愉はこの発表をもちましてグループを卒業、平手友梨奈はグループを脱退致します。在籍中はたくさんの応援をいただきありがとうございました」と報告。佐藤については「本人からの申し出により活動を一時休止致します。活動再開の目途が立ちましたら改めてご案内致します」

と急な脱退発表をした事で話題となっています。

昨年の大晦日でのNHK紅白歌合戦ではハードなダンスナンバーであり過去に複数のメンバーが失神した不協和音にて再挑戦して見事成功させた事からも今後のさらなる飛躍を期待されていたからこその衝撃発表となりました。

体調不良、怪我、アンチが原因か?

平手さんはここ最近、体調不良やけがなどで仕事のキャンセルが目立っていました。

欅坂と言う集団のグループであり尚更、個人の問題では無い事からも今後欅坂でやっていく事は将来的に無理であろうと考えた事からも脱退した可能性はありそうです。

大きなグループであり現在若干18歳ながら14歳からセンターポジションとして主戦力として活躍していた事からも失態ができないと言うプレッシャーが半端じゃなかったのかも知れません。

アンチにも注目されるたびに標的にされ怪我して体がうまく動かない事もやる気が無いなどで叩かれたらそりゃ脱退したくもなるのが普通でしょう。

どこぞのブラック企業じゃないんだから(^^;。

アンチの意見にも負けずに怪我をしながらも身を犠牲にする事はまだ18歳の少女には荷があまりにも重かったのかも知れません。

普通の人間ならば疲労がたまって限界がくるのは当然だと思われます。

むしろこの年齢の若さで良く耐えてやってきたなと尊敬しますね(^^;。

スポンサーリンク

今後のソロ活動が原因?

平手さんが特徴的であるのが卒業でなく脱退であると言う事。

いままで音楽業界では数々のメンバーが脱退した事例がありますが多く共通している事はがメンバーやチームの方向性と自分のやりたい事の方向性の不一致が原因で脱退する事が多いです。

この事からも平手さんも同じような思いがあったのかなと推測されます。

実際問題、平手さんの過去の発言で

「私は欅坂を知ってくださるきっかけになればいい」「個人よりもグループの色を出せばいい」「他のメンバーにもスポットライトを当てて欲しい」

このような発言からも自己犠牲の貢献精神が強く大人になるにつれ価値観が変化して自分が求めていた芸能活動と違うと思い脱退した可能性は非常に高いでしょう。

この傾向や平手さんの取り巻いている環境を見ていくとソロ活動を視野に入れたからこその脱退と言う表現が適切であると可能性が高い事がわかります。

とは言え相当、平手さん自身、欅坂の事を愛していたので苦渋の決断だったと思われます。

平手友梨奈の今後の活動は?

平手さんの今後の活動として大きく2つの方向性で今後の活動を予測する事ができますが2つの方向性として

・芸能界関連の仕事をせずに生きていく。

・脱退後、今までの経験を生かしてソロ活動をする。

大きくわけるとこのような形になりますが脱退と言う表現で芸能界引退宣言をしていない事からも、おそらく後者になると思われます。

理由としては来月もSCHOOL OF LOOKを行う事で活動をつづけて行く点からも今後も芸能活動は続けていく意思があるとわかるからです。

それと平手さんのこれまでの背景や性質としても具体的な方向性とソロ活動の目途がたったらいずれ別の事務所に移行していくのでは?と思われます。

探求心が強くストイックな平手さんならばこの状況だとソロ活動するのが当然なのかなと思われますね。

業界内でも努力家で才能があると評価されている事からも仕事のパイプがありソロでも充分に活躍できる力量でしょう。

スポンサーリンク

平手友梨奈の脱退理由まとめ!今後の活動なども調査まとめ

急な平手さんの脱退理由に驚かされましたが今までの状況を見ていくと致し方ない部分もあるんじゃないのかなと思いmす。

ある意味脱退は必然だったような気もしますね、ただ逆に平手さんがいない欅坂の活躍も気になりますし、平手さんの今後の飛躍もかなり期待できます。

今後の活躍に目が離せませんね!

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする