ジェフべゾスの経歴と年収は?アマゾンの強みも振り返る【カンブリア宮殿】

スポンサーリンク

スポンサーリンク


あの誰もが知っているAmazonですがその創業者であるジェフべゾスさんがカンブリア宮殿に出演します。

超大企業であるAmazonの創業者といして数々の伝説を生んできたベゾスさんが今までどんな経歴を歩んできたのか興味が尽きません。

超大企業のAmazonの創業者としての年収やそもそもAmazonの強みもあらためて気になる所です。

そこで今回はジェフべゾスさんの経歴や年収、アマゾン創業者の数々の伝説についてご紹介して行きたいと思います。

スポンサーリンク

ジェフべゾスの経歴プロフィール

この投稿をInstagramで見る

Very comfortable on my kids’ giant panda doing email and putting final touches on this year’s annual shareholder letter. About to take the kids to see Rampage…

Jeff Bezos(@jeffbezos)がシェアした投稿 –

名前 ジェフリー・プレストン・ベゾス

出生名 ジェフリー・プレストン・ジョーゲン

生年月日 1964年1月12日生まれ 2020年5月現在56歳

国 アメリカ合衆国 

職業 起業家

身長 172㎝

家族 息子3人 娘(養子)1人

スポンサーリンク

ジェフべゾスの幼少の生い立ち・当時から天才だった

ジェフべゾスさんは当時は父親はバイクショップ経営者、母親はまだ当時17歳の高校生であり、ベゾスさん祖父は原子力委員会の地方局長といった家柄で育ちます。

しかし父とは早くにわずか17か月で離婚してしまいキューバ移民のミゲル・マイク・ベゾスさんと再婚していた事からもベゾスさんは幼少の頃は複雑な家庭環境を過ごしました。

また当時の夢はアポロ11号の月面着陸に影響されて宇宙飛行士になるのが夢だったそうです。

小学生から天才性を開花させており当時、ベゾスさんは化学に興味をもっており、工作の才能も抜群でした電動アラームを作成して弟たちを部屋に入れないようにする事が出来るほどの工作技術を持っていました。

高校はマイアミ・パルメット高校に在籍しておりマクドナルドでアルバイトしながらも卒業生総体とナショナル・メリット・スカラーシップ、シルバーナイト賞と言う優秀な生徒に贈られる賞を獲得しています。

マクドナルドのアルバイトでは料理上の自動化の仕組みを作ってしまい、スクランブルエッグやハンバーグの調理にかかるタイミングなどを知らせるブザーを開発してしまう程の優秀振りです。

大学はプリンストン大学に在籍しており圧倒的な実力を示しており優秀な工学徒としてのタウ・ベータ・パイに選出されたり、宇宙探査と開発のための学生組織のプリンストン支部長も担当するほどの実力でした。

大学卒業後はそのベゾスさんの実力が欲しい多くの一流大企業から積極的にスカウトがきて会社の中にはインテルやベル研究所などから引っ張りだこだったそうです。

初めてベゾスさんが初めて就職した所は金融決済システムを手掛けるスタートアップベンチャー企業であるFitelで働きます。

その後は大手金融サービス会社や新興のヘッジファンドなどに転職して30歳のときにはシニア・バイス・プレジデント(社長を補佐、又は代理する役員)と言う重役を任される程に成長していました。

この時に当時インターネット利用が2300パーセント程劇的に増加していた事やオンライン物品を販売する会社があまりいなかった事に気づき後のAmazon企業のヒントを得ます。

ジェフべゾスがAmazonを創業してからの経歴・モンスター企業に成長

1994年にAmazonを起業して自宅のガレージでオンライン書店を始めます。

会社の名前由来は南アメリカのアマゾン川にちなんだ物と特別な後付けなどは無くシンプルなネーミングでの名づけでした。

当時はオンライン書店として活躍しており、IT化が現在と比較して乏しかったものの徐々に業務活動を広げる事に成功して本だけにとどまらずに1998年には音楽と映像もオンライン販売できるようにしました。

さらに日用品も取り扱うようになり、当時の時代でたかだか4年での音楽、映像、日用品などのジャンルにも進出しており成長スピードを見せていきます。

しかしこの後はさらに他のウェブサービス事業なども展開するものの収益が伸び悩みその後は会社が破綻間近になるほどピンチに陥っていまいました。

しかし2003年には黒字の売り上げを取り戻し安定してきてさらに2007年のAmazonkindleのスタートにより企業としての知名度もさらに上がり調子を取り戻します。

その他ではブルーオリジンの設立により、宇宙開発事業に携わるなどもはやその活躍は世界にとどまらずに宇宙にも焦点を当てていくようになりました。

また、ワシントンポストを買収しナッシュ・ホールディングスを設立して投資家としてGoogleの株を大量に保有。

投資家としてのベゾスさんの興味は関心であり老化を遅らせたり止めたりする事を研究しているユニティ・バイオテクノロジー社に投資を行ったりと初めのオンラインの本屋の枠を超えて大活躍しています。

ジェフべゾスの年収は?

モンスター企業Amazonの創業者であるベゾスさんの年収ですがいくらなのでしょうか?

調べた所、年収は約400億ドルと言われており日本円で計算すると

なんと約3兆6000億円なんです!(^^;w

もう化け物の年収ですよね(^^;税金で引かれたとしても、ありあまるくらいにお金があります。

この企画外の年収からか2018年の世界長者番付では第1位です!

この当時のランキングでは

1位・ジェフべゾス(Amazon)

2位・ビル・ゲイツ(マイクロソフト)

3位・ウォーレンバフェット(投資家)

4位・ベルナール・アルノー(LVMHグループ)

5位・マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック)

と言う巨匠だらけのメンバーとなります。

お金を稼ぐ上では一番効率が良いと言われている、投資の世界で世界一の投資家と言われていたウォーレンバフェットさんを凌いでしまうのは凄いですよね!

そんな事からも当時は世界一の大富豪と言われていました。

さらに総資産は1120億ドルとなっており日本円で計算すると

約11兆7000億円となっています。

もう訳がわからないレベルの給料です(^^;。

自宅は当然大豪邸でありセキュリティー対策万全な値段約14億ドルの敷地面積約2000平方メートルと言う豪邸に住んでいます。

2000平方メートルがどのくらの広さなのかと言うと平均的な日本の建売住宅の敷地が100m2前後である事からも、日本の建売住宅約20軒分となります。

20件分って相当広いですね(^^;w。

流石です。

ジェフべゾスが創業したアマゾンの強みとは?

モンスター企業のAmazonですが改めてどんな強みがあるのか振り返ってみたいと思います。

Amazonの強みとしてはやはり圧倒的な商品数と安い値段の商品を簡単な支払いで完結させる事ができる。

ようするにあらゆる商品がAmazonにて安く購入出来てしまう事を可能にしたのがAmazonなんです。

Amazonは元々は書籍販売から始めていますが今はもはやゲームや美容品、日用品、食品までほとんどの範囲で購入する事ができます。

まさに品揃えは名前の如くAmazon川の如し!と言った感じですが、この仕組みが何故可能になったのかはAmazonのマーケットプレイスと言う仕組みで可能になりました!

マーケットプレイスとはアマゾン以外の外部事業者が出品できるサービスのこであり、このサービスによってありとあらゆるジャンルの業者がAmazonに商品を出品できるようになり商品範囲が非常に広くする事が可能になりました!

また出品者同時の競合が多いからこそ値段を安くし差別化を図る出品者も多くなり結果、圧倒的な商品数と安い値段と言う両立を可能にしたんです!

ジェフべゾスの経歴と年収は?アマゾンの強みも振り返る【カンブリア宮殿】まとめ

それでは今回の簡単なまとめとして

・ベゾスさんは幼少から工作などを行っており天才で学生時代も数々の優秀賞を受賞するほどの実力であり、大学卒業後には一流企業からのスカウトのオファーが来るほどであった。

・Amazonは元々はオンラインからの書籍販売から行っていたが商品数は拡大してほとんどの日用品が買えるように拡大される。

・ベゾスさんの年収は約3兆6000億円であり2018年には世界長者番付で第1位になっている。

・Amazonの最大の強みは圧倒的な品ぞろえと安く商品を購入できる事である。

こんな感じでまとめさせて頂きました!

最後まで記事を読んで頂きありがとうございます。