工藤勇一(校長)の麺町中学の入学方法は?本の評判は?年収は?wikiプロフィールなどを調査!【カンブリア宮殿】

スポンサーリンク

スポンサーリンク


どうもたあ吉です。

今回は宿題、中間・期末テストやクラス担任、体育祭のクラス対抗などを廃止すると言う、これまでの根本的な教育概念を覆す麺町中学の校長である工藤勇一さんの麺町中学の入学方法や出されてる本の評判、年収、wikiプロフィールなどについて調査しました!

それではよろしくお願いしますm(_ _)m。

スポンサーリンク

工藤勇一のwiki風プロフィール

まずは工藤勇一さんの簡単なプロフィールから入りましょう。

工藤勇一さんは1960年生まれで現在2019年度で59歳です。

出身地は山形県鶴岡市出身。

出身校は東京理科大出身。

東京理科大を卒業した後に早速教師の道に進みます。

経歴として

山形県公立中学校教員から東京都公立中学校教員、東京都教育委員会、目黒区立目黒中央中学校副校長、目黒区教育委員会、新宿区教育委員会教育指導課長などの経験を積んで2014年から千代田区立麹町中学校長と教育再生実行会議委員として活躍されています。

地道に教員からのキャリアを積んで順調にステップアップした印象ですね。

現在、麺町中学の校長として活動されていますが、この麺町中学普通の中学とは少し異例で独自の教育方針にそっています。

特徴的な所としては普通の中学では宿題、中間・期末テストやクラス担任、体育祭のクラス対抗などは当たり前のように存在しむしろ学校と言ったらこれが常識であり醍醐味であると思われますが、麺町中学ではなんとこの常識的な宿題、中間・期末テストやクラス担任、体育祭のクラス対抗が存在しないのです。

凄い異例のケースですよね凄い時代になった物ですよ。

工藤さんが何故このような学校を作ったのかと言うと工藤さんの発言では公立か私立かは関係が無いそもそも何のために学校があるのかという点では共通である、学校の役割は二つ、一つは、大人になって生きていくために必要なことを教えサポートする事。

もう一つは世の中にはいろいろな人間がいると知る事。

 

良いも悪いも多様な人間がいることを受け入れる。

すなわち学校とは民主主義を体験するということ、それを教えるのが学校であると考えているそうです。

このように考えていた事から現在の教育では大人の責任のなすりつけや人のせいにする大人を見て子供は批判ばかりするように育ってしまう事に疑問を持ち、他人のせいにするのでは無く子供達を当事者に変える教育をしたいと言う事から、現在の教育業界を変えてやろうと言う一心で38歳の頃に校長になる事を決意する。

凄く良い考えですよね、今、実質日本は先進国と呼ばれていますが経済状況は下がってきています。

日本の教育システム、社会、会社自体が軍隊のように群れを作り集団と強調する事を最大限に重要視されますよね。

これは決して悪い事では無いのですがこれだと、誰かに言われたからやる、上司に指示されたからとか他人本位の人生になりがちで自分でしっかりと考える力、地に足をつける力が養えません。

自分の人生は自分で作っていく自分の人生の責任は自分でしっかりと持つ凄く大切な事だと思います。

そんな事からも定期テストや固定担任制を廃止したのも他人にやらされる学習では意味がない、いざ自分ができない時に担任のせいにして思考停止に陥る、そして担任も精神的に疲労が溜まってしまうこのような負の連鎖に陥りやすくなります。

それを防ぐ為に定期テストなどの廃止などを行っているのです。

他人のせいにしない、自分の人生は自分で責任持つ物凄く当たり前ですが以外に大人の人でも大半はできていないですよね(^-^;。

現にニートなどがここまで多いのも物語っていると思います。

麺町中学はまさにちゃんと自立した人間になる事にフォーカスが置かれた学校です。

なんと麺町中学はその独自の教育システムから入学希望者が殺到していています。

なんと全盛期では越境入学をしようとする人が増えた事で1700人もの生徒がいると言う自体になりました。

マンモス校ですね(^-^;w。

ちなみにジャガー横田さんと医師でテレビでタレント活動されている木下博勝さんの子供も麺町中学校を越境入学したそう。

スポンサーリンク

工藤勇一の麺町中学の入学方法は?

そして独自の工藤さんの麺町中学ですが入学方法が気になるかと思います。

公立中学なので一般的な入学であるのか?公立中学と言えども教育システムが普通の公立中学と違うので入学も特殊になるのか?そこら辺を調査しました。

入学方法は現在は公立中学同様の区内住まいでの入学となっているそうです。

昔は越境入学もできたそうですが現在は区の規定が厳しくなった事からも基本的に公立中学と同じ区内住まいでの入学となります。

しかし、例外として両親が共働きでいずれかの職場が学区域内にある場合は越境入学が可能だそうです。

では越境入学では無く麺町中学の世田谷区内に住まれている場合の入学方法はどのようになっているのかと言うと来年度中学1年になる区民の家庭に8月上旬に学校選択の案内と申請書の書類が届く。

学校選択申請書は指定日、9月下旬までに学務課に提出する事。

これらで入学が可能であり他に何か特別な試験などはありません。

学校説明会に関しては小学生と小学生保護者対象で7月、9月に行われています。

住所・〒102-0093 東京都千代田区平賀町2丁目5-1

交通アクセス。

東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線・永田町駅徒歩5分。

東京メトロ銀座線・丸ノ内線 赤坂見附駅徒歩10分。

都営バス橋63 平賀二丁目 (都市センター前)徒歩1分。

となっています興味があれば是非見ていかれたらどうでしょうか?

スポンサーリンク

工藤勇一の本の評判がヤバすぎた!

そして工藤さんは本を出版されていますがそちらの評価、評判をチェックして見ました!

なんとアマゾンレビューにて星5なんですよね!

凄くないですか?しかもベストセラーですし中々見ないと思われますがどのようなレビューがあるのか見てまとめて見ました。

ポジティブな評価としては

・子育てに対する大人の常識を疑ってみると言う斬新な考え方から目から鱗であった。

・自分の教育方針や育て方が間違いだと気づかされた。

・世界と比較して日本の教育がいかに遅れているかを知れる。

・間違いなく呼んだ方が良い名本。

ネガティブな意見としては

・本の書かれている理論としては理解できるが現実化させるのは難しいと思う。

・発達障害とか自ら進んで勉強できない子に向けての配慮が弱いと思う。

・テストは無いと言われてるが実はあり中間期末が無いだけで単元テストはかなりある、その事からもかなり勉強しなければならず部活をやる暇もない、自由で好きな事をする時間も無い。

などの意見がありました。

テストは実はあるんですね、単元テストがかなりあるので本人の能力次第で自由な時間が作れるか作れないかは左右されそうです。

これによりできる子とできない子の二極化がより激しくなりそうですが教育のレベルは上がると言えます。

かなり高評価なのでベストセラーとして認定されている麹町中学校の型破り校長 非常識な教え (SB新書)を読んで見るのも良いと思います。

親や教育者として考え方が勉強になると思います。

工藤勇一の年収はいくらくらい?

そして次は工藤勇一さんの年収はどのくらいなのでしょうか?

まず、公立中学校の校長の平均年収が1000万~1150万程度とデータが出ていました。

しかし本を出版していてベストセラーを叩き出す程のヒット作を生んでる事からもかなりの利益になると思います。

メディア出演や企業によるインタビューによる利益なども考えると中々の額になりそうです。

おそらくそれらを含めると1500万くらいは稼いでいそうだと思われます。

工藤勇一(校長)の麺町中学の入学方法は?書籍の評判は?年収は?wikiプロフィールなどを調査!【カンブリア宮殿】まとめ

それでは今回の簡単なまとめとして

工藤さんは麺町中学の校長であり従来の教育方針とは異なる教育をしている事。

麺町中学の入学方法は現在は千代田区内ならば入る事ができる、越境入学は例外の条件のみ認める。

工藤さんの書籍はかなり評価が高い。

工藤さんの年収は1500万だと予想される。

このような感じです。

今後、工藤さんが教育業界に更なる革命を起こすかも知れません。

今後の活躍に期待ですね。

記事を最後まで読んで頂きありがとうございますm(_ _)m。