吉田恵美子の納豆(小金屋食品)の評価は?味や料金など【セブンルール】

スポンサーリンク

スポンサーリンク


今回はセブンルールに出演される、納豆メーカーの小金屋食品の社長の吉田恵美子さんについて記事にします。

吉田さんが社長を務める納豆メーカー小金屋の納豆の評価は全体的に高いのが特徴です。

なんでも普段、僕たちが食べている納豆とは一味違い、デザインもオシャレで希少性が高いのが特徴なんですね。

勿論品質も全食品国産を約束、納豆作りにおいて名門ブランドとも言えその活躍から数々の受賞経歴なども多彩。

こだわった納豆作りの為の思考錯誤された商品。

日本の伝統技術の良さを生かした製法。

味のバリエーションが多い

料金の幅は270円~5000円と幅が広く

これらが小金屋さんの特徴です。

それではより細かく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

吉田恵美子の納豆(小金屋食品)の評価は?

それでは吉田さんの小金屋の納豆の評判にどのような意見があるのかまとめてみました!

その前にまず納豆メーカー小金屋とはどんな会社なのか?

・50年以上の歴史を持つベテランの会社

・数々の受賞・認証歴を持つ

・納豆作りにこだわっている、常により良い納豆をつくる為に思考錯誤

・大阪産名店 なにわら納豆 大阪を代表する納豆

これらが特徴です。

良い意見としては

・タレの味が美味しく一味違う

・納豆とは思えない程の幅広いバリエーションが良い

・市販の納豆よりは品質が高いのが良くわかる

・味が美味しいので納豆嫌いな自分でも食べる事ができた

悪い意見としては

・金額が多少高い

・コンビニなどでは手に入らないので購入に手間がかかる

などの意見が見られました!

ほとんど良い意見ばかりであり評価が高いのが良くわかります。

スポンサーリンク

吉田恵美子の納豆(小金屋食品)の味のバリエーションが凄い!!

吉田さんの納豆の強みとして味の多さも特徴ですが、どのような味があるのかと言うと全てで10種類あります。

・赤しそ 梅農家さんが手作りした「ゆかり」・香りしっかりした物を使用、太陽の光で乾燥させて作った宮崎県産干しちりめんしそのふりかけがセットされている商品

・うずら卵 納豆の定番「うずら卵」でよりクリーミーな味わいに仕上げた商品

・とろろ昆布 北海道南昆布を納豆に混ざりやすい手すきプレミアム加工された贅沢な商品、プレミアム手すき加工のおぼろ昆布はだしの風味がUPして納豆との相性が抜群!!

 

・玉ねぎ 7割ソテーされた玉ねぎの甘味が強み甘みのある玉ねぎは風味豊かで納豆との相性が抜群!

・青唐辛子味噌 青唐辛子の程よい辛さが納豆を引き立てる!信州産の青唐辛子を使った味噌のトッピング、大人気商品!

・鰯削りぶし 鰯の削り節が出汁感をより引き立てる!鰯削り節は魚臭さはなく旨味たっぷり!しっかり混ぜると出汁が出て、ご飯にかけるのが非常にオススメ

・初摘み海苔 有明産の初摘み海苔がたっぷり入って風味豊か!納豆との相性が抜群!

・キムチ 無添加の辛いキムチが納豆との相性抜群 乳酸菌たっぷりのキムチと納豆菌の最強コンビ!!

・らー油奈良漬け ラー油のコクとコリコリ食感の奈良漬けがクセになる、この商品は奈良の帝塚山大学の学生とのコラボ商品!

・本わさび 本わさびの上品な旨味と辛みが強み!本わさびは納豆をすっきりとした お味にしてくれます。

これらの味を選択できます。

キムチとかラー油とか納豆と混ぜたらどんな味になるのか食べた事がないので是非食べて見たいと思いました。

味だけでも興味を持たれる方も多いのではないのでしょうか?

吉田恵美子の納豆(小金屋食品)の納豆の料金

それでは納豆の料金の具体的な説明に移りたいと思います。

まず全体的な料金幅は270円~5000円です。

随分と料金幅が大きいと思うと思いますが僕らが普段食べている納豆は納豆カップとして売っており値段は味が違くても全て270円で購入できます。

ちなみに高い商品を見て見ると

このようにパック納豆+と言うセット商品になっているのがわかります。

値段が上がるにつれてセットがより豪華になっていくと言う印象でしょうか?

現在4000円~5000円の商品はありませんが近い3000円~4000円の商品を見ていくとやはり値段に応じてセットが豪華になっていく印象ですね!

スポンサーリンク

吉田恵美子の納豆(小金屋食品)の評価は?料金や味など【セブンルール】まとめ

それでは今回のまとめとして

吉田さんの納豆の評判は高品質で味の種類が豊富なのが強み

納豆の味は10種類ありうずら卵などニッチな味も取り揃えている

吉田さんの納豆の料金は270円~5000円と幅が広く、値段が高くなればなるほどセットが豪華になる

このようになりました!

最後まで記事を読んで頂きありがとうございます。