永井彰一の経歴は?年収はいくら?経営戦略も調査!【カンブリア宮殿】

スポンサーリンク

スポンサーリンク


どうも、たあ吉です。

今回はカンブリア宮殿に出演される、田園プラザ川場社長の永井彰一さんについてご紹介していきたいと思います。

永井彰一さんの具体的な経歴や年収、経営戦略について調査しましたのでよろしくお願いしますm(__)m。

スポンサーリンク

永井彰一の経歴

名前 永井彰一(ながいしょういち)

生まれた年 1963年生まれ 2020年8月 現在56~57歳

出身地 群馬県川場村

大学 法政大学法学部

職業 田園プラザ川場 社長

スポンサーリンク

永井彰一の時系列の経歴

年齢的にもベテランのキャリアを持つ永井さんが今までどんな経歴を歩いてきたのかを時系列でまとめ解説していきます!

1989年 永井酒造入社 3代目

1999年 永井酒造 社長に昇格

2007年 株式会社 田園プラザ川場社長として活躍

2013年 永井酒造 会長に就任

永井酒造に入社して10年の月日で3代目社長に昇格します。

経歴を見る限りだと普通にトントン拍子の展開で社長になったと言えます。

しかし永井さんが社長になったのは訳があったんです。

永井さんは2007年にて田園プラザ川場社長として就任します。

はたから見たら新たな事業に挑戦していると前向きに捉える事もできますが、決して前向きな理由では無かったようです。

どうやら永井さんは田園プラザ川場の赤字の状況を打破するべく田園プラザ川場の再構築が必要となり田園プラザ川場にて社長として就任したそうです。

川場自体、田舎であり来る人もいい意味でも悪い意味でも需要が無いと言う側面があったそうで業績が伸び悩んでいたそうです。

しかし永井さんが社長になってから現在は見事に地元の人達だけでは無くわざわざ他県からも来る人気スポットに変貌を遂げる事に成功します!

具体的な結果をご紹介すると川場自体、村と言う性質上3300人程度しかいない場所なんですがそんなマイナーな場所に田園プラザ川場を作る事でなんと年間190万人も集める事に成功しています!

永井さんのマイナーな川場をメジャーにする経営戦略は見事としか言いようがありませんね。

スポンサーリンク

永井彰一の年収はいくら?

マイナーな場所から年間190万人の人が集まる田園プラザ川場、結構稼がれてる所が気になる所ですがいったい年収はどのくらい稼がれているのでしょうか?

まず田園プラザ川場とは様々なサービスを手掛けている商業施設に分類されます。

永井さんはそこの社長として活躍されている事から計算すると大手企業の規模では無い事からもまず年収が4000万をもらってる可能性が低そうです。

それと様々な施設がある為、個々の経費が利益から当然引かれる事になるので年間190万人を集客してるとは言え思ったより年収は低い傾向にあると予想されます!

この事から計算していくと永井さんの年収は2000万~2500万くらいの可能性が高そうです。

永井彰一の経営戦略のここが凄い!

マイナーな場所から年間190万人も集客する田園プラザ川場、ゴールデンウィークなどでは交通が渋滞になって苦情がでる程の人気。

何故、一見不利とも言えるような経営条件でここまでの集客を可能にしたのでしょうか?

具体的な戦略を見ていきたいと思います!

大きなポイントとしては

・施設が充実しておりお客さんの満足度が高い。

・現地限定のオリジナル商品。

・おもてなし

この3点が大きな要因と考えられます。

このような田舎の施設は現地民の利用が多い事で赤字のリスクも踏まえて、そこまで施設が栄えていない事が多いのですが田園プラザ川場は十分に栄えており施設が充実しています!

その事からも顧客のニーズを捉えて高品質の施設を提供する事によって正攻法に集客を可能にしていると考えられます。

そして最大の強みと言っても過言では無いのが希少性が高いオリジナル製品。

具体的には

・田園プラザ川場でしか飲む事ができない川場ビール

・地元ならではの強みを生かした上州銘柄豚を使ったソーセージの使用

・出来立ての自然を感じれる飲むヨーグルト

・高品質な釜焼きピザをその場で食べる事ができるピザ工房

・かわばんちと言う独自のブランドからなる個性の強い商品を提供

これらは田園プラザ川場でしか味わえないと言う所が特徴ですよね!

これらの事で他の施設と大きく差別化に成功しています。

最後のおもてなしですが

当時は社員の基本的な挨拶すらもなっていない状況だったそうです。

そのことからも基本的な挨拶をしっかりと行いおもてなし精神を持つようにした事。

田舎の施設はなんとなく落ち着いた雰囲気が否めないのでもっと活気づけるためにディズニーランドをイメージしたテーマパーク型の施設作りを意識した事。

そのことからも赤字の状況から黒字に復帰する事に成功します!

土地的にもし思うように集客できなかったらどうしようと言うような不安も多くあったと思いますが永井さんのその行動力が凄いです!

それとオリジナル、お客さんを楽しませようとするおもてなし客観視して自分がこの施設に行ってみたいと思うのかなどと深く計算されています。

これらが赤字から黒字に挽回して年間190万人の集客を可能にした秘訣なんですね!

スポンサーリンク

永井彰一の経歴は?年収はいくら?経営戦略も調査!【カンブリア宮殿】まとめ

それでは今回の簡単なまとめとして

・永井さんはトントン拍子で社長になるものの社長になった理由は田園プラザ川場の赤字の状況を打破するための社長就任だった。

・永井さんが田園プラザ川場で社長に就任してからは見事に業績が復活して今では年間約190万人も集客をして黒字回復している。

・永井さんの年収は2000万~2500万くらいの可能性が高い。

・永井さんの経営戦略は施設が充実している事、オリジナル商品、おもてなしによって赤字から黒字の逆転を可能にした。

こんな感じでまとめさせて頂いました!

記事を最後まで読んで頂きありがとうございます。

続きはこちら↓