安部紀克の経歴プロフィール!彼女は?イケメン画像もまとめてみた!【有吉ジャポン】

スポンサーリンク

スポンサーリンク


どうも、たあ吉です。

今回は有ジャポンに出演される納言の薄幸さんの相方の安部紀克さんについてです!

具体的な経歴やプロフィール、彼女がいるのか気になりますね!

実はイケメンと言う意見もあるので画像もまとめて見ました!よろしくお願いしますm(__)m。

スポンサーリンク

安部紀克の経歴プロフィール

名前 安部紀克(あべよしかつ)

生年月日 1992年6月12日2020年8月現在28歳です。

出身地 埼玉県

血液型 A型

星座 双子座

身長 169㎝

体重 53キロ

趣味 ウインドウショッピング

学校 専門学校 東京アナウンス学院 卒業

スタイルは結構痩せていますね!

安倍さんが通っていた東京アナウンス学院は、芸能界を目指す人が入学しており卒業生では土田晃之さんや柳原可奈子さんなど有名な人が卒業している事で有名です!

スポンサーリンク

安部紀克が納言を結成するまでのエピソード!

安倍さんがお笑い芸人を目指すきっかけとなったのは芸人のオードリーさんに憧れた事がきっかけ。

なんでも2018年M1グランプリにて敗者復活戦にから準優勝した事に心をうたれたそうです。

そしてお笑い芸人を目指す中で元々は現在さんぽメンバーとして活躍されている富田瑞基さんとストロングカラーと言うコンビを組んでいましたが、あまり売れずに2016年11月に解散してしまいます。

現在のコンビの納言ができたエピソードとしては、安部さんがすとろんぐカラ~を解散してすぐに安部さんが薄幸さんにスカウトを掛けた事がきっかけだそうです。

しかし残念ながら薄幸さんは不本意にもあまり乗り気では無く、安部さんの事を気持ち悪いと思いながらも断ったらやばそうと言う恐怖心からコンビを組んだらしいです。

理由としては全然前向きではないですね(^^;w。

芸人として本格的に活動してからは憧れのオードリーの若林さんに大分強くいじられてかわいがられているそうです。

憧れの先輩にいじられる事はお笑芸人としては凄く栄誉な事ですね!

納言としての活躍は?

そして納言としては2018年M1グランプリにて準々決勝に進出と言うキャリアを誇ります。

納言は結成してからキャリアが浅いのでこのM1でのこの結果は凄いです。

それにて徐々にメディアに注目されるようになり納言はバラエティー番組に呼ばれるようになりますが、需要があるのはキャラクターも目立つ薄幸さんのほうであり安部さんは目立たないポジションにいます。

彼女のキャラクターが強烈なので致し方ないかも知れませんね。

スポンサーリンク

安部紀克の彼女は?

ぱっと見、悪く言ってしまえば地味な安部さんでも良く見ると実はイケメンと言われていて印象が良い安部さんですが現在、彼女はいるのでしょうか?

様々な情報を調べてみましたが現在、彼女がいるとの情報はでていません。

まだ現在27歳で芸人としてやっと知名度も増えてきて所なので目の前の仕事で精一杯であり彼女どころでは無さそうな環境である可能性が高そうです。

勿論、相方の薄幸さんは安部さんの事は悪魔でお笑いコンビと言うビジネスパートナーでありそもそも好みではない為、彼女ではありません。

安部さん自身、真面目そうなので今後良い人が現れて交際が公に出される事に期待ですね!

スポンサーリンク

安部紀克のイケメンな画像まとめ

安部さんが実はイケメンであると言われているのでイケメンな画像まとめちゃいました!

女性ファン必見です!

髭も薄く、鼻がしゅっとして清潔感がある容姿ですよね。

メガネを掛けている事からもインテリな雰囲気が出ておりイケメン度が増しています。

少しギロッとした鋭い切れ長な目つきが印象的です。

スーツを着るとかなりインテリに見えます。

チョイ悪営業マンやIT職についてそうなイメージw。

全体的に見ると知的系爽やか系男子と言った所でしょうか?

確かにイケメンと言われるのがわからなくもない気がしますね!

安部紀克の経歴プロフィール!彼女は?イケメン画像もまとめてみた!【有吉ジャポン】まとめ

それでは、今回の簡単のまとめとして

・安部さんは元々はコンビを組んでいたが起動に乗らずに解散、解散してからすぐに薄幸さんをスカウトして納言を結成。

・薄幸さんをスカウトした時、薄幸さんからは気持ち悪いと思われていおり断るとヤバイと思った事からコンビ結成した。

・安部さんは現在は彼女がいない可能性が高い。

・安部さんはインテリ系知的イケメンであると言える。

今後も更に注目されて薄幸さんに負けないような知名度を得る事に期待です。

記事を最後まで読んでいただきありがとうございますm(__)m。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする