Amazonのやらせレビューの見分け方って?低評価レビューも有効活用!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


どうもたあ吉です。

今回はおそらく全ての人が使っているであろうAmazon。

膨大な商品量とレビュー機能もついており商品価値がわかり大変便利なのですが、それと同時にやらせのレビューを偽装して商品購入に誘導するステマレビューも目立つようになりました。

そこで今回はAmazonのやらせレビューを見分ける具体的な方法を忙しい社会人向けに超簡単にご紹介していきたいと思います。

低評価レビューもしっかりと有効活用する事によってなるべくミスマッチを防いでいきましょう。

スポンサーリンク

Amazonのやらせレビューの見分け方の基準!

大変便利なAmazonですが、レビューの多さ故か、実際の本当の評価がわからずに購入してからイメージと違うと損をした方も多いのではないのでしょうか?

僕もその一人なのでまず全体像としてざっくりとやらせレビューを見分け、より質の良い商品選定ができるステップをご紹介していくと

Amazonのやらせレビューの見分け良い商品を選定する基準。

・その商品の評価が本物であるのかないのか?

・質の高い低評価コメントに注目するのかしないのか?

これらのようになり非常に簡単に説明すると意識する事はたったこれだけになります。

それでは次に順番を追ってポイントを説明していきましょう!

スポンサーリンク

その評価が本物であるのかないのかの見分け方!

やはりAmazonで商品を購入する際に間違いなく参考にするのが商品の☆の数でしょう。

しかし☆の数も多ければ必ずしも信頼性があるとは限らず、やらせ、いわゆる商品購入に誘導するためのステマのレビューを行っている物が多いので注意が必要です。

結構、細かく見ていない人はどのレビューがやらせの可能性が高いのかを判断する事ができないのが面倒な所ですよね。

でも簡単にAmazonの機能であるフィルターバーを利用すれば解決する事ができます!

ちなみにこれだけでAmazonの商品選定は劇的に改善するはずです。

フィルターバーで出来る事はどんな事かと言うと実際に本当に商品を購入した人のレビューを絞る事ができるんです!

これならばレビューに説得力がでますよね。

フィルターの活用方法は簡単であり→商品からレビューに飛んで↓

フィルタをクリックして

この順番で設定していけば、購入者のみのレビューが見えるようになりレビューの信頼性が高くなります。

注意点!

・スマホ表記だとAmazon購入者のみの検索が反映されないケースもあるようです。

その場合はスマホ設定でめんどくさいですが、パソコン表記に変更して再度検索をかけて見るときちんと反映されます!

これにて全てのレビューとAmazon購入のみでのレビューを比較してレビュー数の増減が極端だったら、やらせレビューが多くその商品のレビューの信頼性が低い事がわかります!

ちなみにこちらの人気商品である、某会社のプロテインを例に取ると。

全てのレビューとAmazon購入のみのグローバルレーディングとレビューを比較すると

購入しておらずにレビューされている方もいますが約90%のほとんどが購入している事からもこの商品のレビューの信頼性が高い事がわかりますね。

これで全体的のレビューがやらせなのか?そうじゃないのかが大体わかります。

さらに詳しく見たいなら、ポイントとしてそのレビュワーをクリックして

・レビュワーランキングが7桁以上が紹介する商品は参考にしない方が良い。

・過去のレビュー商品画像が無い。

・過去のレビューした商品が同じ販売者のものばかりで尚且つ評価が☆5である。

などがポイントとして挙げられます。

現在の忙しい社会人にそこまで詳しく検索する気力は中々ないと思いますので、普通にフィルターで簡単に購入者のみのレビュー表記にして全ての評価と比較するのが効率良く手っ取り早いです。

わざわざ商品を購入してまでステマレビュー、低評価レビューは手間もコストもかかり効率も悪いのでやりたがらないですからね(>_<)。

質の高い低評価コメントに注目するのかしないのか?

次に質の高い低評価レビューに注目するのかしないのかです。

まずこちらも、わざと競合他社を陥れる為に低評価をしているのかを判断したいのならばフィルターをかけて比較し全体像把握。

さらに詳しく見るなら、レビュワーをクリックして、過去のレビュー商品画像が無いやレビュワーランキングが7桁以上などで予想ができます。

しかし良い商品を購入するための参考ならば、そこまでしなくても文面で判断できます。

サプリなどで多いのですがただ単に、錠剤が大きくて飲みづらいなどの抽象的なレビューは本当だったとしても、質の浅いレビューであり低評価コメントとしても実はあんまり参考にならない事が多いです。

それよりも、重要なのが低評価レビューがその商品に対してどこまで具体的に説明ができているか?です。

具体的には

・サプリで錠剤が大きいので喉が小さい私には喉に突っかかる危険性を感じたからオススメができない。

・このサプリの大きさだと子供が飲んで喉がつっかえないか安全面で心配である。

など○○だから○○になるからダメなど具体的に書いてあると、より多くの情報を得る事ができて、商品購入時のミスマッチを減らす事ができます。

こんな当たり前の事なんですが意外と見ない人が多いようです(^^;。

やっぱり何事も便利になってしまったせいなのかどうしても今でも全体像の高評価や低評価、抽象的なコメントに揺さぶられがちだからなのかも知れませんね(>_<)。

Amazonでの商品購入で届いた時のミスマッチを減らすには、フィルターでやらせレビューの全体像把握と質の高い低評価コメントによるデメリット情報の把握により健全に買い物がしやすくなるはずです!

商品を探してこれ良さそうだ!と思ったらわざと質の高い低評価から探して見ていくのも効率が良いです。

Amazonのやらせレビューの見分け方って?低評価レビューも有効活用!まとめ

それでは今回の簡単なまとめとして

・Amazonのやらせレビューを判別するには実にシンプルで、全てのレビューとAmazon購入のみのレビューの増減を比較するとその商品の信憑性がわかる。

・低評価レビューはサプリで言うならただ単に粒が大きいなどのレビューを参考にするのでは無く、そうした事によってどういったデメリットが生じているのかを書かれているレビューを注目するようにするとミスマッチを減らせる。

こんな感じでまとめさせて頂きました!最後まで記事を読んで頂きありがとうございます!