ハクトウワシのプロフィールが凄い!かっこいい画像もまとめてみた

スポンサーリンク

スポンサーリンク


今回は北海道で出現して話題になったハクトウワシについてプロフィールの凄さやかっこいい画像もまとめて見ました!

それではよろしくお願いします。

スポンサーリンク

ハクトウワシのプロフィールが凄い!

分類 鳥類 ウミワシ属

全長 80~110㎝ 翼を広げた大きさは2メートル

体の色 褐色 肩から頭にかけてのみ白い

生息地 海岸 川沿 湖沼

生息国 北アメリカ大陸(アラスカ) アイルランド 北海道での発見事例あり

食べ物 魚類 水鳥 哺乳類 爬虫類 動物の死骸など

翼を広げた大きさが2メートルは冷静に考えて相当大きいと思います。

生でみたらかなり迫力がありそうです。

生息地はアイルランドや北海道でも見られる事からも来たアメリカだけに限定せずに環境を重視している事がわかります。

鳥類の中で最も大きな巣を作る

ハクトウワシは鳥類の中で最も巨大な巣を作る事で有名です。

これがハクトウワシの巣です。

確かにあからさまに巣だとわかるので大きい事がわかります。

ここは俺のテリトリーだ!と言うような主張が聞こえてきそうです。

巣は大雑把な作りにも見えますが頑丈そうです。

スポンサーリンク

実は過去に絶滅危機に認定されていた貴重なワシだった

ハクトウワシは過去に絶滅危機リストにのっていたんほど貴重なワシだったんです!

絶滅危機の理由をとしては乱獲、森林伐採により営巣地の減少などや餌になる魚の農薬による健康被害などによりハクトウワシが激減した時期があり1967年に絶滅危機種として認定されでました。

しかしその後、保護活動が功を成して順調に回復していき個体数が回復します。

その結果、2007年には米国絶滅危種リストから完全に除外されました。

ハクトウワシの数が回復して本当に良かったです。

アメリカ合衆国の国鳥としても認定

ハクトウワシはアメリカ合衆国の国鳥として認定されておりシンボルでもあります。

この背景にはアメリカのインディアの多くの部族からハクトウワシは聖なる生き物と言う位置づけがある事からも以降、アメリカ合衆国の国章のシンボルマークとして活用されています。

様々なモデルになったハクトウワシ

次は具体的にその人気から様々なモデルとなったハクトウワシについて見て行きたいと思います。

ポケモン・ヴォーグル

イーグルサム

スクリーチ

確かに得にハクトウワシの頭部の特徴を捉えていますね!

ハクトウワシのかっこいい画像をまとめてみた!

次はハクトウワシのかっこいい画像をまとめてみました!

流石全長2メートルと呼ばれている巨大な羽は迫力がありますね(^^;w

容姿が鳥類の中でもモデルレベルでかなりイケメンです。

こうして見るとデカい!

ただいるだけで絵になってしまうこれがハクトウワシです。

スポンサーリンク

ハクトウワシのプロフィールが凄い!かっこいい画像もまとめてみたまとめ

北海道で再び目撃されて話題になったハクトウワシですが改めてかっこいいですね。

やはり大型鳥類と言うだけあり2メートルある羽は圧巻です。

過去に絶滅危機種に認定されていた事があったりと意外な歴史があった事にも驚かされました。

様々なキャラクターのモデルにもなってみんなから愛されていますね!

最後まで記事を読んで頂きありがとうございます。