大野忍(なでしこ)の引退後の活動は?現在までの経歴も振り返る

スポンサーリンク

スポンサーリンク


なでしこジャパンの大野忍さんが現役引退する事を日刊スポーツにて報道されました。

今回は大野さんの引退後の活動はどうなるのか?現在までの活躍を振り返る経歴なども記事にしましたのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

大野忍(なでしこ)の引退後の活動は?

大野さんは引退後の活動は現在検討中だとコメントをされていました。

発言では候補が出ているので可能性の順に記載していきます。

サッカーの指導者・一位

おそらく一番に予想がつく所だと思われます。

大野さんは今年の1月に日本サッカー協会公認B級コーチライセンスを取得して現在も検討中と言う積極性からも引退後はサッカーの指導者になると予想する事が妥当でしょう。

長年の経験を生かして女子サッカー界がより活性化する事が期待されますね!

良き指導者になる事は軽く想像できます。

スポーツトレーナー関連・二位

長年、アスリートとして活躍してきた大野さんはやはり今後の活躍は仮にサッカーの指導者にならずとも経験を生かしてスポーツトレーナーとして活躍する可能性が高いのかなと思います。

今までにある事例として現役のアスリートが現役引退したら大方、そのスポーツジャンルの指導者をやるかスポーツトレーナーに転職される方が多い傾向が多いです。

スポーツトレーナーに転職される方は前活動していたスポーツジャンル意外の方で活躍したいなどの欲求がある方に転向が多いです。

ネガティブな動機だともう前回の現役の時の仕事に携わるのは沢山だと言うような方もいますね(^^;w

スポーツ事業関連・三位

次に上がるのが指導者やトレーナーなどの指導に携わらないスポーツ関連のお仕事です。

具体的にはスポーツアパレルやサプリメント業界、イベントなどの事業になります。

可能性は低いですが無きにしもあらずなのかなと思います。

スポンサーリンク

一般職・最下位

もっとも可能性として低いのが一般職の転職ですね、理由として㋀にサッカー指導者ライセンスを保持してそちらでの指導を現在検討中と言う事からも可能性としては最も低いのかなと思います。

たまに引退後、スポーツ関連に携わらずに普通の一般職に転職する方も見受けられますが現役中は人生をかけて競技をしていたので引退後もその経験を生かした業種で活躍したいと言うのが必然でしょう。

その事からも以上の二点で一般職で活躍する可能性は最も低いと言う判断になりました。

大野忍(なでしこ)の現在までの経歴を振り返る

それでは引退となった大野さんのいままでの経歴や活躍を振り返ってみたいと思います。

名前 大野忍(おおのしのぶ)

生年月日 1984年1月23日 2020年現在36歳

出身地 神奈川県座間市

身長 156㎝

ポジション FW/MF

利き足 右足

記録 日本女子サッカーリーグ歴代最多得点記録保持者

いままでの時系列の経歴

大野さんがサッカーを始めたきっかけは小学1年生の時に2人の兄が影響でサッカーを始める。

小学4年の時に神奈川県横須賀市にある女子サッカーチーム、横須賀シーガールズFCに加入

中学にあがる時には読売西友メニーナ(現日テレ・メニーナ)のセレクションを受けて合格

高校時代に1999年にべレーザーへ昇格して5試合出場

2003年にサッカー日本女子代表に初招集され1月12日にサンディエゴで行われた国際親善試合アメリカ戦が代表デビュー作となる

2005年にリーグで全21試合に出場して24得点を獲得しMVP最優秀選手賞を獲得

2007年シーズンにて23得点を獲得してリーグの得点王と言う異名とMVPの二冠を獲得

2008年に日テレ・ベレーザにてプロ契約

2010年にてなでしこリーグでベレーザのエースとして13ゴールを記録して2年ぶり3回目の得点王を獲得しリーグ史上初の3度目のMVPになる

2011年7月にFIFA女子ワールドカップにて全試合スタメン出場してメキシコ戦でゴールを決めさらにFIFAの発表にて大会優秀選手21人に選抜される。

2012年にINACの主将に指名され4月15日に行われたスペランツァFC大坂高槻戦にてゴールを決めてリーグの歴代通算得点記録を更新。

2012年12月28日にフランス女子サッカーリーグのオリンピック・リヨンに移籍。

2013年7月4日リヨンから日本女子サッカーリーグ2部・ASエルフェン狭山FC(現ASエルフェン埼玉)へ移籍。

2014年にアーセナルLFCへ移籍。

2015年に古巣INAC神戸レオネッサへ復帰。

2016年リオデジャネイロオリンピックのサッカー女子アジア最終予選メンバーに選出されたがチーム予選3位の結果となり五輪出場権を逃す。

2017年シーズン終了後、INAC神戸レオネッサを退団。

2018年ノジマステラ神奈川相模原へ移籍。

2018年シーズンは2試合連続で開幕スタメン落ちしてしまう。

かなりのキャリアを誇っている事がわかります。

しかしキャリア終盤になるとやはり年齢による衰えがでてきたのか勝ち星に恵まれないですね。

やはり今後の事を考えると現役引退表明は必然だったのかも知れません。

スポンサーリンク

大野忍の引退の世間の声

大野さんの引退についての世間の声をまとめてみました!

大野忍引退か。格段の得点力を誇りながら、その源泉だった最高級の知性を、得点以外に活かし、11年の世界制覇に貢献。あの苦しかった決勝前半、幾度も単独で前進し日本の危機を救った。男女含めて、日本サッカー界が育んだ最高の知性派選手と呼んでも過言ではないだろう。

しのさん、大野忍選手おつかれ様でした。 ネクストステージにてこれからも女子サッカーへの大いなる力になっていただけたら幸いです。

しのさん引退か。本当に長い間お疲れ様でした!また、指導者として戻ってくれると期待いたします!

かなり選手として尊敬されている事がわかります。

ここまでアスリートとして一般人に尊敬されているのは幸せな事ですよね!

大野忍(なでしこ)の引退後の活動は?現在までの経歴も振り返るまとめ

圧倒的なキャリアを誇った大野さんですが年を重ねる事にコンディションが悪くなったのか成績が落ち引退を決意しました。

ファンからすると悲しいですが今後のサッカー界で指導者になってくれる事を祈り今後の活躍に期待したいと思います。

最後まで記事を読んで頂きありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする