横川竟の経歴は?年収が意外?すかいらーく創業者の名言が偉大【カンブリア宮殿】

スポンサーリンク

スポンサーリンク


カンブリア宮殿に外食レジェンドと呼ばれているすかいらーく創業者の横川竟さんが出演されます。

横川さんと言えば外食レジェンドと呼ばれる由来としてあのすかいらーくの創業者である事、そして日本外食産業のパイオニアとして活躍していました。

すかいらーくグループと言えば、ジョナサン、ガスト、バーミヤン、おそらく誰でも1回は頻繁に利用した事があるメジャーな飲食店です。

今回は横川竟さんについて経歴や意外な年収、すかいらーく創業者の名言の偉大さについても調査しましたのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

横川竟の経歴

名前 横川竟(よこかわきわむ)

生年月日 1937年11月1日 2020年3月現在82歳

出身地 長野県諏訪市

中学 新制諏訪市立四賀中学校

兄弟 4兄弟 横川端・茅野亮・横川竟・横川紀夫

過去 すかいらーく創業者

現職 高倉町珈琲代表取締役会長

今や外食レジェンドと呼ばれている横川さんですが意外にも中卒だったんです。

あのすかいらーく創業者がまさかの中卒だったとは驚かされます。

しかし当時は現在よりも中卒の人がいたらしいですね。

年齢は現在82歳とかなりハイキャリアです。

横川さんには長年の経験からくるマーケティングロジックが詰まっています。

スポンサーリンク

この業界に入ったきっかけ

きっかけは中学卒業して東京に上京して働いて経験を積んだ後になんと兄弟で食品有限会社を立ち上げた事がきっかけ。

中学卒業して会社を立ち上げるって行動力も半端じゃないですし凄い実力ですよね(^^;w。

そしてこの立ち上げた会社が後の有名なすかいらーくとなります。

横川さんには4人兄弟がいて兄弟と共に一緒に会社を作りました。

当時のマーケティングロジックとしてはシンプルに食料品を取り扱うスーパーとして事業を開始しました。

戦略を練り地域密着型と言うその地域のファンを堅実に集めていくと言うロジックで見事に店舗数を拡大して右肩上がりか?と思われましたが大型スーパーの進出影響による市場変化でスーパー事業はやむを得ず断念。

この失敗をかてにアメリカに市場分析するために行った所、郊外型レストランが繁盛している事に気づきました。

アメリカで郊外型レストランが繁盛しているならば日本でも確実にヒットするはず、しかも日本は当時、自動車が生活の一部として浸透してきた中さらに今後もモータリゼーション(自動車の大衆化)が進むと考えられた事から今後の需要を見据えて日本でもヒットする可能性が高いと確信したそうです。

そして実際にターゲットをマイカーで移動する家族をテーマに狙ってレストラン運営を実行!

都会化が加速する東京、府中を狙ってすかいらーく1号店を設立。

その後には見事に予想通りの市場の流れにのりあのガストやジョナサンなどを設立して大ヒットさせます。

しかしその後の2008年には業績不振により取締役から降ります。

ただ活躍はとまらず2013年に新たな高倉町珈琲の経営をしています。

その後も高倉町珈琲の店舗拡大をして活躍されています。

横川竟の年収が意外?

横川さんは元すかいらーく創業者とイメージからしてかなり稼いでいると思われますがいったいどのくらいの年収なのでしょうか?

現在はすかいらーくを辞めて高倉町珈琲の会長として活躍されています。

そこから踏まえると

まず一般的な社長年収は4381万円くらいと言われています。

会社の規模によって変わっていき従業員の人数が多い程、年収は多く少ないほど安くなるそうです。

そして横川さんの現在の会社である高倉町珈琲の規模として

資本金が5000万従業員が600人以上であり店舗数が26店であると言うデータからすると横川さんの年収は約4043万円くらいと言うデータになります。

しかし会社の状況や現在とりあつかっているジャンルの市場などを踏まえると横川さんの年収は3000万~4000万くらいなのかなと思われます。

会社の規模としてはそこらへんの中小企業より力があるのでこれ以上下回らないのかな?と思われます。

このぐらいの年収だと意外にも一般的に見たら相当お金をもらっていますが意外に一般人とそこまで生活感に変化が出ない場合が多いです。

資産が半端じゃない!

過去にすかいらーく創業者であった横川さんそのすかいらーくを売却した事で有名ですがなんとその時の売却価格が520億円!!

相当な額ですよね(^^;w次元が違います。

おそらく兄弟でわけてそうな印象がありますがそれでも1人頭130億円。

税金でかなりもってかれても額が額なので余裕があります。

おそらくこれらの資金源は兄弟に分けたか会社の事業、高倉町珈琲の事業拡大などに利用されていると考えられます。

にして物凄い額ですよね(^^;w

これくらいの規模の資金だと完全にお金の感覚が狂いそうです。

すかいらーく創業者(横川竟)の名言が偉大!

すかいらーく創業者の横川さんの名言が偉大で熱く心に染みます。

思わず自分の人生感の考え方などを考えさせられるような内容です。

今日はそんなすかいらーく創業者である横川竟さんの名言をまとめて見ました!

それでは見ていきましょう。

すかいらーく創業者(横川竟)の偉大な名言まとめ!

商売の基本は10年前も30年前も50年前もおなじです。

本当に本質的な事です根本的には変わってないんですよね実は時代の変化で本質が見えなくなることもありますがこの言葉には原点を感じます。

商売は嘘をつくな。いいものを売れ、余分にもうけるな

お客さんの為にと言うユーザーファーストな理念が伺えます。

自分の利益ばかりを重視するとお客さんの気持ちが理解できずに利益が落ちてしまう事が多いです。

その言葉ではお客様に対する真心が感じられますね。

いい店は作れても、いい経営ができるとは限らない

これも本質面ですが本当にその通りですよね。

今まで挫折も経験してきたからこそ説得力がある重みのある発言です。

社員の問題が起きたり健康を害したりする時にこそサポートする、それが会社の役目だ

まさに人の上に立つ人の鏡の人格ですよね、非常い強い責任感を感じます。

親は子が失敗しないように育てる子も失敗しないようなことが一番と思うようになるだから大半の日本人は失敗しない事が人生の目標になっている

このメッセージからは失敗を恐れて守りに入るな挑戦しろと言うようなメッセージが秘められている様に感じます。

そもそも失敗しないと成功はしないのでこの言葉の意味もかなり深いです。

横川竟の経歴は?年収が意外?スカイラーク創業者の名言が偉大【カンブリア宮殿】まとめ

今回はすかいらーく創業者である横川竟さんについて記事を書かせて頂きました。

横川さんのキャリアも凄く計算されたものだとわかり尚且つ名言も様々な経験を積んでいる横川さんだからこそ重みのある事だと感じました。

今後の事業の進化にも期待ですね!

最後まで記事を読んでくれてありがとうございます。