吉岡秀人の経歴と年収は?ジャパンハート最高顧問の思いが偉大【カンブリア宮殿】

スポンサーリンク

スポンサーリンク


カンブリア宮殿にてジャパンハート最高顧問である小児科医の吉岡秀人さんが出演されます。

自身のモットーはどんな患者も断らない、医療の届かないところに医療を届けると言う事をベースにされています。

今回は吉岡秀人さんの経歴や年収、ジャパンハート最高顧問の活躍が偉大な事についても紹介させて頂きますのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

吉岡秀人の経歴プロフィール

名前 吉岡秀人(よしおかひでと)

生年月日 1965年8月12日生まれ

出身地 大阪府吹田市出身

高校 大阪府立千里高等学校

大学 大分医科大学(現大分大学医学部)

結婚 既婚(妻と子供2人)

現職 ジャパンハート最高顧問小児外科医

受賞歴 2014年外務大臣表彰沖縄平和賞 2017年社会貢献者表彰保険文化賞

スポンサーリンク

吉岡秀人の時系列の経歴

大分医科大学(現大分大学医学部)卒業後に就職して大阪、神奈川の救急病院などで幅広く活躍した後に1995年から1997年までミャンマーを拠点にして活躍します。

その後に帰国して岡山病院小外科、川崎医科大学小児外科講師などの実務経験を積み医師としてのキャリアを構築。

そして2003年に再びミャンマーで医療活動を再開します。

2004年にて国際医療ボランティア団体のジャパンハートを設立します。

このジャパンハートが設立されたきっかけはミャンマーにて無償で医療活動を行ったのが始まりでした。

コンセプトとしては

(医療の届かないところに医療を届ける。)

(生まれてきてよかったとそう思える世界を目指す。)

このようなコンセプトで設立されています。

主な活動としては開発途上国、日本国内の僻地・離島、災害被害地域などに医療支援を行っています。

ジャパンハートを設立してからはミャンマー、カンボジア、ラオスなどの発展途上国、自国の日本でも医療支援活動を行っています。

その活躍が見込まれている影響で日本帰国時には講演会の依頼が多く集まるそうです。

そして講演会は大人達を対象にしたものだけでなく2013年に子供(小学生)を対象とした(いのちの授業)の講演活動も始動しました。

さらに同団体で(国際医療短期ボランティア)システムを作ります。

このシステムは医療者が数日の休暇を利用して発展途上国で診察・手術などの医療支援が行えるシステムです。

これにより医療技術が低く遅れを取っている発展途上国に対して医療支援を行う事ができより多くの人を救う事が可能となりました。

実際には日本から年間で700人以上が医療ボランティアを行いジャパンハートとしての治療件数は年間2万件以上の実績があります。

単純に医療が届かない所に年間2万人の命が救われていると考えると規模の凄さが伝わりやすいですよね。

そして範囲は医療事業だけでは無くミャンマーにて貧困や災害が原因で教育ができない人達の養育施設(DreamTrain・ドリームトレイン)の運営をしています。

日本国内でも医療者不足が深刻となってしまう離島や離島や僻地での医療人材支援を行い小児がんと闘う子供の為のプロジェクトSmileSmilePROJECT(すまいるスマイルプロジェクト)も行っているんです。

2011年の東日本大震災でも活躍されて緊急医療支援活動を行い約500名の医療者、ボランティアを被災地に派遣して貢献。

2011年12月~2014年3月には震災時に宮城県が公式に診療許可を出したNPO法人によるたった1つの診療所を宮城県石巻市にて(NPO法人ジャパンハートこども・内科クリニック)の開業し長期間の医療支援を行い震災時からの回復をサポートしました。

現在も被災してしまった子供の(心のケア)活動を行い被災地の子供のトラウマサポートを行っています。

そして2020年現在も発展途上国に対する医療支援は続いており多くの貧しいい人達に貢献しているんです。

活動内容が本当に凄いですよね!発展途上国の当事者からしたら救世主レベルの価値を生んでいると思います。

吉岡秀人の年収

吉岡さんの年収としてはいくらくらいなのでしょうか?

吉岡さんは現在はジャパンハート最高顧問として活躍されています。

こちらはNPO法人となります。

NPO法人の給料としては平均値として約260万、高めで360万と言うデータが出ています。

利益を出す事よりも社会貢献が目的ですので一般的な給料よりは安めですね。

ただこの中で約10パーセント程が年収が600万以上であうと言うデータが出ています。

やはりこの高年収の層のポジションは代表などである事が多いようです。

この事からも吉岡さんの最低限の年収のラインは600万である可能性が高いと判断する事ができました。

さらに吉岡さんは医療と言う専門職である事と高単価な外科医でもある事から考えるとさらに年収は高めになると考えられるでしょう。

外科医の平均年収としては1159万と言うデータが出ている事とさらに吉岡さんは講演会でも収入がある程度入ると考えると一般的には吉岡さんの年収としては1000万~1500万の間の可能性が高そうです。

ただしかし発展途上国で無償、無給で治療や手術を行っている事から予想すると吉岡さんの年収としてはもう少し低く600万~1000万のラインである可能性も高いです。

吉岡さんは貢献の為に自分の収入を犠牲にしている所を考えると年収としては600万~1100万くらいのラインである可能性が一番高そうです。

医師だと稼いでる方のイメージが多く年収が2000万くらいが一般的なイメージが多いかもしれませんがボランティア+医療だと年収が少なめになってしまう傾向が多いみたいです。

これだとお金を稼ぎたい人にとっては非効率であり社会貢献をしているのに年収が低めと理不尽な業界と思われるかも知れませんが。

しかし貢献してるからこそのメリットも大きいらしく社会貢献している事からも国や他の企業からのサポートを受けやすい事と今後何か新たな企画を提案するときに信頼性が高い事からもスムーズに話が進みやすい傾向があるみたいですね。

吉岡秀人ジャパンハート最高顧問の思いが偉大

NPO法人ジャパンハート最高顧問である吉岡さんですがそのジャパンハートで医療支援を行うにあたり人を救いたいと言う思いが偉大であなたにもシェアしたいと思いましたので書かせて頂きました。

そもそも吉岡さんは何故今まで無償、無給で治療や手術をしていたのでしょうか?

吉岡さんいわく

何で医療を続けてきたかっていうと本当に一言でいうと(だって可哀想じゃない)と思うんですよ、こういう子見たら。

いつもそれの繰り返しで自分で続けてきたんだなと言うのがよく分かりましたね。

こういう小さい子たちが最後、虫の息になって死んでいくっていう現実をね。

医者と言う職種は責任感が高くリスクも高い事からもストレスが非常にかかりやすくそんな事からも金銭的な欲や他の欲に走る方もいます。

そんな中で吉岡さんはただ人を救いたいと言う純粋な気もちから無償、無給で数々の患者を救っていったんです。

本当に人間性が偉大でとても真似ができないですよね。

そんな偉大な人間性からか当時のジャパンハートの状況として

ジャパンハートの活動は、日本で貯めたお金だけを頼りにしており、お金が底をついたらおしまいになるので、それを先延ばしにするため簡素な設備でスタートした。出費を抑えるために、手術用の糸は個人商店で安いものを買い集めた。手術用のライトは小さいものを買い、明かりが足りない分は懐中電灯で照らした。

と自身の身を犠牲にしてでも貢献していたそうです。

そして吉岡さんの人望からかインターネットで広報をスタートしたら徐々に活動に協力してくれる医療者や寄付が集まってくるようになったんだそうです。

これぞまさに良い意味での因果応報ですね!

吉岡秀人の経歴と年収は?ジャパンハート最高顧問の思いが偉大【カンブリア宮殿】まとめ

今回は吉岡秀人さんについて記事を書かせて頂きました。

本当に発展途上国にとっては救世主的な存在ですよね。

自分の利益よりも相手に貢献するような所が何か人間を超えた無償の愛をかんじさせてくれて何かヒーローを見ているような温かい気持ちになりほっこりしました。

最後まで記事を読んでくださりありがとうございます。