ボーク重子のwikiプロフィール!娘のスカイが全米最優秀女子高生!【さんま御殿】

スポンサーリンク

スポンサーリンク


どうもたか吉です。

さんま御殿にてボーク重子さんが出演されます。

その独特な存在感からも重子さんのwikiプロフィールが気になる所です。

また娘さんのスカイさんはなんと全米最優秀女子高生を受賞している天才である事が発覚しました!

今回はそんなボーク重子さんについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

ボーク重子wiki風プロフィール

名前 ボーク重子(しげこ)

生年月日 1965年8月20日 2020年現在54歳

出身 福島県井達市川俣町

住まい ワシントンDC

大学 東洋大学法学部卒業

旦那 Timothy Bork (ティモシー・ボーク)

娘 スカイ・ボーク

職業 ワシントンDCアート専門ギャラリー運営 ライフコーチ(自己啓発業)

スポンサーリンク

ボーク重子は子供の頃から親に厳しく教育されていた

重子さんは元々実家が英語塾であった為、親からかなり厳しく育てられていたそうです。

エピソードとしては小学生の頃に百人一首を全部覚えさせる為に上の句と下の句に分けて書いてトイレの壁に貼り付けていた程だったそうです。

しかし、そんなスパルタ教育の影響からか中学生の頃に福島県内5位の成績と言う記録を出しました。

県内5位は相当優秀ですよね(^^;。

県内5位と言う結果を残しこのまま順調に進むのかと思いきや、重子さんはこのままもしかしたら成績が落ちてしまうのではないか?と言う恐怖心から勉強から手が進まなくなっていたそうです。

そんな事からも成績は落っこちてしまいました。

親に厳しく教育されて期待されている事からもかえってプレッシャーに感じていたんだと思います。

このプレッシャーから満足いく勉強はできなく先行きは不安と思われたものの、無事高校に進学。

高校生活ではなんと『Tears』と言うバンドグループでボーカルを努めて東京でライブ経験もあったそうです。

勉強以外の事にも目を向けていた事がわかります。

大学は東洋大学法学部に入学。

勉強が進まなかったのにちゃんと高校、大学を卒業できている所はやはり重子さんの親の厳しい教育の成果が見えますよね。

ボーク重子の大学卒業後の経歴・外資系会社に就職するも彼氏とうまくいかず

ボークさんは大学卒業後は外資系の会社に就職して働いてる時にアメリカ人の彼氏ができました。

交際をする中で結婚を視野にいれておりプロポーズされるかと思った矢先にショッキングな出来事がおきます。

プロポーズ待ちをしている重子さんに当時の彼氏が質問をしてそのやり取りの中でフラれてしまいます。

当時の彼氏・君は結婚したらこの後どういう風にいきていくの?

重子さん・子供を産んであなたの面倒を見たいと思います。

当時の彼氏・僕はそれだけの人はいらない

このように結婚の夢は叶わずにあっさりとフラれてしまいました。

この失恋をきっかけに当時の彼氏のセリフ,僕はそれだけの人はいらないと言う発言をバネにして外資系の仕事を辞めてアートを学びにイギリスの大学に留学します。

しかしこのイギリスの大学に留学した事が正解だったのか留学中でフランスにいた時に現在の旦那さんであるTimothy Bork (ティモシー・ボーク)さんと出会います。

また重子さんは現代美術史の博士号を取得する事に成功しました。

博士号取得後は出会ったティモシー・ボークさんと結婚。

ティモシーボークさんは民間投資会社の『skye LLC』の社長を務めているエリートです。

現在は74歳~75歳くらいの年齢ですので約20歳差の夫婦ですね。

過去にあっさりとフラれてしまいましたがフラれた事がきっかけで現在の旦那さんと出会えたので結果としては良かったですよね。

ボーク重子の現在の活躍!美術画廊オーナーライフコーチなどマルチに活躍!

そして重子さんの現在の職業はイギリスの大学に留学した経験を武器に美術画廊のオーナーとライフコーチ(自己啓発業)を行っているそうです。

凄いのは店を出してからたったの2年で店は大繁盛して、アメリカ副大統領夫人のVIPを取るなどの偉業を達成しています。

アメリカでは今だにアジア人の人種差別がある事を想定すると重子さんが残した功績がいかに凄いのかがわかりますよね。

また自身が若い頃、悩み多かった事をきっかけにライフコーチ(自己啓発業)を行いクライアントのクオリティーライフの向上に努めています。

ライフコーチは今まで苦労してきた重子さんだからこそできるサービスですよね。

ライフコーチも人気があるそうです。

ボーク重子の娘・スカイ・ボークは全米最優秀女子高生だった!

ボーク重子さんには美人な娘さんスカイ・ボークさんがいらっしゃいます。

この写真を見てもわかる通り美人ですよね~

アメリカ人と日本人のハーフですがそこまで顔立ちはアメリカ人混じりでも無いですよね、お母さんの遺伝子が強かったのかも知れません。

そんなスカイさんの凄い所はなんと全米最優秀女子高生に選ばれました。

この全米最優秀女子高生決める大会の内容は、全米の女子高校生が知性や才能、リーダーシップなどを競う大学奨学金のコンクールだそうです。

具体的に問題解決能力や、論理的思考能力、抽象的思考能力、統括力も必要とされる非常にハイレベルなコンクールと言われています。

当然、コンクールに参加するのは全米の意識高い系のインテリ女子高生ばかり、そんな厳しい競争の中でスカイさんは見事全米最優秀女子高生に選ばれました。

本当に凄いですよね!

そんなスカイさんは高校卒業後は現在はハイレベルなコロンビア大学に通っているそうです。

スカイさんの今後の将来に期待ですね!

娘スカイボークの頭の良さはボーク重子の教育法にあった!

娘のスカイさんが最優秀女子高生を受賞すると言う快挙を成し遂げましたがいったい重子さんはどのようにスカイさんを育てたのでしょうか?

ボーク重子さんが教育に対して大切にしてる概念が非認知能力と呼ばれる能力です。

非認知能力とはどういう能力なのかと言うとテストで数値化できない能力を指し

・主体性・自己肯定感・自制心

・社会性・回復力・責任感

・共感能力・柔軟性

などこれらのように人間力とも言えるような能力になります。

何故、重子さんが実際の知能では無く非認知能力を大切にしているのかと言うと重子さんの過去の苦い思い出がきっかけでした。

重子さんは中学生の頃に成績が落ち自己肯定感が無くなり勉強を辞めてしまった経験を持っています。

そんな事から娘のスカイさんには自分とは同じ人生を歩んで欲しくないと言う事で非認知能力の強化に力を入れました。

具体的に非認知能力を鍛える為にどのようにしたのかと言うとポイントとして安全な環境作りを行ったそうです。

これは子供に自分は必要とされていると自己肯定感を上げるのが狙いであり、考えを押しつけるたり否定したりするのでは無くどう思う?どうする?などを質問する事により抽象的思考能力、問題解決能力、論理的思考能力を高めるのが目的。

これによりただ言われた事しかできないプラモデル型人間にならない事ができるそうです。

この教育は優秀な人材に育ちそうです。

次に重子さんの教育方針としても大切にしてるのがパッション!

訳すると情熱と言う意味ですが自分の長所や好きな事、得意な事を大切にして育てるようにしているそうです。

重子さん自身、これからの時代は、個人の力や魅力で勝負する時代だと考えている事からこのような教育法に力を入れています。

実際、スカイさんは最優秀女子高生として選ばれているので重子さんの教育は理には叶っていて説得力がある事がわかります。

ボーク重子のwikiプロフィール!娘のスカイが全米最優秀女子高生!【さんま御殿】まとめ

それでは今回の簡単なまとめとして

・ボーク重子さんは幼い頃からスパルタ教育を受けていた事。

・外資系の仕事をしていた時の彼氏に振られた事をきっかけに心を入れ替えイギリスの大学に留学して現代美術の博士号を取得し美術画廊を行い成功させる。

・留学中に現在の旦那さんTimothy Bork (ティモシー・ボーク)さんと出会い結婚。ティモシーさんは民間投資会社『skye LLC』の社長であり、現在74歳~75歳である事から年の差は約20歳。

・重子さんは過去の悩み多き経験からライフコーチ(自己啓発業)の活動をして色々な人を指導しクオリティーライフの向上に努めている。

・娘のスカイさんは美人であり全米最優秀女子高生である。

・スカイさんの頭の良さの秘密は重子さんの教育法にあり、非認知能力と言う能力に焦点を当てて育てていた、そのおかげで全米最優秀女子高生に選ばれる事ができた。

こんな感じでまとめさせて頂きました!最後まで記事を読んで頂きありがとうございます。