ニッチェ近藤の旦那【藤本大介P】の経歴は?年収なども調査!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


どうもたあ吉です。

今日のYahoo!ニュースにてニッチェ近藤さんがフジテレビの藤本大介Pと結婚とめでたい報道がされました!

そこで今回は藤元大介Pがどのような経歴を歩んできたのか?

そして年収なども調査してみたのでご紹介していきます!

スポンサーリンク

ニッチェ近藤の旦那【藤本大介P】の経歴プロフィール

名前 藤本大介『ふじもとだいすけ』

年齢 2020年9月現在38歳

職業 フジテレビプロデューサー

嫁 ニッチェ近藤『お笑い芸人』

スポンサーリンク

藤本大介Pは今までどんな活躍をしていたの?

現在はプロデューサーとして活躍している藤本さんですが、以前はアシスタントディレクターとしてキャリアを積み活躍していました。

アシスタントディレクターとして担当した番組は

・『FNS地球特撮隊ダイバスター』『2005年10月~2009年4月』

・『マツコの部屋』『2009年10月15日~2011年3月24日』

これらとなっています!

マツコの部屋は特に有名ですよね!ご存知の方も多いと思います。

藤本さんがアシスタントディレクターとして活躍していた年を計算すると約15年前となるので23歳頃からこの業界で働いている事になります。

アシスタントディレクターは仕事の特性上、大変激務な割にはそこまで給料が貰えない事でも有名ですので、23歳頃から辞めずにしっかりと働いているのは本当に尊敬ができますね(><。

藤本大介Pのプロデューサー時代の活躍!

そして藤本さんのプロデューサー時代の活躍としてはアシスタントディレクターとして10年の経験を積んだ後にまかされていきます!

具体的な番組名は

・『取材拒否の店』『2015年』

・『明石家笑業修学旅行』『2019年11月23日』

・『ジモン・渡部のこれが絶景料理だ!』『2019年1月5日』

・『ジモン・渡部のこれが絶景料理だ!2020新春SP』『2020年1月4日』

などと活躍をされていました!

あなたが見ていたあの身近な番組の制作に関与していたと考えると興味深いですよね。

藤本大介はニッチェ近藤と無事ゴールイン!エピソードもほっこり

藤本さんとニッチェ近藤さんの出会いは同じ番組での共演がきっかけです。

そこから藤本さん側から好きになりアプローチをかけていたとの事。

具体的にはニッチェさんの自身に魅力を感じていた事やお笑いに対するプロ意識に惹かれたそうです!

そして交際に発展して同棲にいたります。

同棲エピソードとして面白いのが、今まで10年間彼氏がいなかったニッチェ近藤さんは一つの習慣として寝る前の深夜に自分の靴を洗ってピカピカにしていたそうです。

同棲している時にその光景をみた藤本さんは衝撃を受けて『本当に妖怪靴洗いだ!』と驚かれたそうです!

その変の変わった所も含めてニッチェさんの事をより好きになったそうですよ。

そして『さんまのお笑い向上委員会』にて婚約が発表されてお互いの距離が急速に近づきました。

このチャンスを物にして藤本さんは自宅にてプロポーズを成功させました!

プロポーズが変にこだわった豪華な場所で無く自宅って言うのがなんかほっこりしますね。

ニッチェ近藤の旦那【藤本大介P】の年収は?

ニッチェ近藤さんの旦那さんである藤本さんの年収はいくらくらいなのでしょうか?

結論から言うと噂されている額としては1000万~1500万くらいと言われています!

実際に現在、藤本さんはフジテレビのプロデューサーとして活躍しており、年収としての平均相場を調べて見るとキャリアをしっかりと積んだ人でキー局プロデューサーで年収が1000万~1500万くらいになる事からも信憑性が高いいと言えるでしょう。

ただ、やはりプロデューサーになっても仕事自体は非常に大変らしく好きじゃないと続かないお仕事だそうですよ!

となるとお互いに忙しい中で地道に愛を育んできたと考えるとロマンチックですよね。

ニッチェ近藤の旦那【藤本大介P】の経歴は?年収なども調査!まとめ

それでは今回のまとめとして

・ニッチェ近藤さんの旦那さんである藤本大介さんは23歳頃からこの業界で活躍しており、アシスタントディレクターの下積み時代にマツコの部屋などを担当。

・プロデューサーに昇格してからはさんまさんの番組ディレクターなどを経験している。

・ニッチェ近藤さんとは番組で共演した事がきっかけで藤本さんの方からアプローチをかけた。

・『さんまのお笑い向上委員会』にて婚約が発表されてからお互いの距離が急速に近づき自宅にてプロポーズを成功させる。

・藤本の年収は1000万~1500万くらいの可能性が高いと考えられる。

こんな感じでまとめさせて頂きました!

最後まで記事を読んで頂きありがとうございます。