志賀廣太郎の経歴が意外!昔のイケメン画像も振り返る

スポンサーリンク

スポンサーリンク


今回は名脇役として活躍していた志賀廣太郎さんについて記事にして行きたいと思います。

志賀さんと言えば有名ドラマのアンフェアの出演や三匹のおっさんなど数々のドラマに出演して名脇役としての地位を気付いた事で有名です。

今回は志賀廣太郎さんの意外な経歴や昔のイケメン画像も振り返りご紹介していきます。

スポンサーリンク

志賀廣太郎の経歴プロフィール

引用元 https://natalie.mu/stage

名前 志賀廣太郎(しがこうたろう)

生年月日 1984年8月31日生まれ(享年71歳)

出身 兵庫県

現在所 神奈川県

大学 桐朋学園芸術短期大学卒業

身長 165㎝

血液型 AB型

職業 俳優

活動ジャンル 映画 ドラマ CM 舞台

特技 水泳

スポンサーリンク

志賀廣太郎は子供の時に演劇に興味を持ち演劇を学んでいく

志賀さんは幼稚園の園長先生や小学校の担任の先生が児童演劇協会・劇団(民藝)に所属していた事で先生の脚本を読み志賀さんも演劇をやってみたりしていた事からも中学校、高校と演劇部に所属します。

そして劇団俳優座の養成所が移管される事を聞いた事からも桐朋学園大学短期大学に入学しました!

大学では演劇だけでなく(狂言・バレエ・体操・日舞)など幅広く学びます。

授業の中で音声学を学んだ時に柴田武さんから(君の声はいい声だから大事にしなさい)と言われる程、声質に定評があったそうです。

志賀廣太郎の大学卒業後は意外にも教師としても働いていた!

志賀さんは1971年に大学卒業後にすぐに役者として活躍する予定でしたが、大学在学中に素晴らしいと思える先生と沢山であった事からも1973年の約2年間ゼミの助手としても活躍していました。

当時翻訳劇の舞台が多かった事からもヨーロッパ原作の劇が現地でどのように演じられるのかが気になり、ドイツに渡ってシュトゥットガルトの専門学校に入学します

シュトゥットガルトに入学した時は演技の基礎と考えていた体操を約1年間学び、ウィーンで日本人補習授業校の小中学校の国語教師として活躍します。

志賀さんが30歳になる頃には当時付き合っていた彼女と結婚するために1977年に日本に帰国します。

帰国した後の1年後には母校の演劇学校にて非常勤講師として活躍しており、その当時学生には女優である南果歩さんなどが在籍していました。

演劇学校の講師として働いた理由は初めは俳優に興味があったものの演技を教える事に興味を持ったからだそうです。

次に志賀さんが俳優になる為の転機が訪れます。

志賀廣太郎は40歳になる前に役者としての転機が訪れていく

志賀さんは40歳になる目前に吸収する事がなくなり今後進歩するには自分が演じる必要がある事を感じていました。

丁度そんな悩んでいた時期に日本の劇作家である平田オリザさんが主宰する劇団(青年団)の舞台を観た事で教材としての使用をお願いします。

しかし教材として使用しようにも実際、自分が演じてない台本を学生に教える事ができるはずがないと感じて、酔った勢いで平田さんい(次の舞台に出たい)と言った所から舞台出演が決定。

舞台出演として1990年に光の都に出演しておりその後も積極的に舞台に立ち続けて1993年には正式な劇団員となります。

志賀さんは意外にも天然で有名であり劇団の稽古にて時間を朝と夜で間違えてしまうお茶目な一面も持っていたそうです。

志賀廣太郎が劇団員になった後はCMテレビ出演など本格的に活躍していく。

志賀さんは劇団として小劇場での演劇をしていた時に日本のCMディレクターであった山内ケンジさんに注目された事をきっかけに声がかかり、46歳の時にアップルコンピューターのCMに出演して注目されます。

補足として俳優としてのデビューは実質45歳となっており業界内では異例のかなり遅咲きなデビューとなります。

このCM出演がきっかけでブレイクしてオファーが続々くるようになり1998年には映画(もう、ひとりじゃない)に初出演します。

その後の2001年も(学校の怪談)・(世にも奇妙な物語SMAPの特別編)の(BLACKROOM)などに出演しますがブレイクと引き換えに残念ながら40代には嫁さんと離婚します。

その後は

・独身3‼

・美女か野獣

・THE3名様

・幕が上がる

・いだてん~東京オリムピック噺~

・アンフェア

・三匹のおっさん

などに出演して役者としてのキャリアを積んでいき活躍します。

また、最近では藤原達也さん主演ドラマのリバースに出演したりもしていました!

志賀さんの役者としての強みは持ち前の貫禄ある風貌を活かした上司役、教師役、医者役、などを褒められた声質である渋い声で演じておりその配役の絶妙なマッチ具合が高く評価されています。

志賀さんは緊張をあまりせずに自然体で演じる事も強みです。

さらに志賀さんの強みとしてその配役のキャラクターや意図を理解する能力に長けている事からも現場では貴重な存在として評価が高かったそうです!

現在は残念ながら2020年4月20日で病気により他界と言う形になります。

志賀廣太郎の昔のイケメン画像も振り返る

志賀さんは昔イケメンだった事でも有名です!


どうでしょうか?面影を残しつつも男らしさと優しさを兼ねそろえたルックスですよね!

おそらく年齢的にシワの無さからも20代後半~30代前半にも見えるので外国に行ってた頃か帰国して演劇の非常勤講師として活躍していた時期だと想定できます。

こんな男らしくてかっこいい包容力がありそうな講師がいたら女性生徒は講師では無く男性として意識してしまいますよね(^^;w。

年を取って男前度は下がってしまったものの元のルックスが活かされているからこそ良い味が出ていると思います。

志賀廣太郎の経歴が意外!昔のイケメン画像も振り返るまとめ

今回は志賀廣太郎さんについて記事を書かせて頂きました!

簡単なまとめとして

・志賀さんは役者になる前は講師としても活躍して数々の経験を積み劇団員になった後に45歳と言う遅咲きで俳優となった。

・俳優としては数々の有名作品にて名脇役として活躍しておりその俳優としての貫禄を活かした演技力などは業界から高い評価を得ている。

・朝と夜の時間を勘違いしてしまうようなお茶目な一面を持っている。

・昔は男らしい風貌でイケメンだった。

こんな感じでまとめさせて頂きました!

最後まで記事を読んで頂きありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする