ゆーゆの経歴!かわいい画像をまとめてみた!【井上あずみの娘】

スポンサーリンク

スポンサーリンク


どうもたあ吉です。

井上あずみさんの娘であるゆーゆさんはどんな人なのかと注目が集まっています。

そんな井上あずみさんの娘ゆーゆさんの経歴などが気になる方もいるかと思います。

そこで今回はゆーゆさんの経歴とかわいい画像もまとめてみましたのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

ゆーゆの経歴プロフィール

名前 ゆーゆ

生年月日 2004年9月16日 2021年3月現在16歳

出身地 東京都

星座 おとめ座

職業 学生 歌手

所属事務所 ドレミ

所属ユニット マグロ二カン

母 ジブリ歌手井上あずみ

趣味 ドラマ 映画鑑賞

特技 絵を描くこと

好きな音楽 母である井上あずみの歌

スポンサーリンク

ゆーゆが歌手を目指したきっかけって?実は重大なトラブルが…

ゆーゆさんが歌手を目指したきっかけは何だったのでしょうか?

どうやらゆーゆさんは幼い頃から歌手である母の影響を受けて物心がついたころから歌手を目指していたそうです。

なんとわずか3歳で母のアルバムに初参加しました!

実は3歳の頃はかなり壮絶なエピソードがあり、なんとゆーゆさんは3歳の時に急性リンパ性白血病と診断されて入院していました。

白血病を乗り越えてのアルバム参加だったんですね。

当時のゆーゆさんの心境としては先生の言うことを聞いて、ちゃんと薬を飲んでいれば治ると信じていたそうです。

病室では看護婦さんと同じ部屋の子たちと歌ったりして楽しかったと発言しています。

凄い精神力ですよね!

5歳では母あずみさんのアルバム『ジブリ名曲セレクション』で『ナウシカレクイエム』歌い本格参加しました。

ゆーゆは6歳でブレイク!

6歳の頃にゆーゆさんに転機が訪れます。

当時、6歳で作成したデモテープが大抜擢した事をきっかけに2012年のNHKみんなのうた『6歳のばらーど』で歌手デビューをしました!

これが当時の動画

昭和風のメロディーとませた歌詞が人気を集めて番組リクエストが殺到し7か月間にわたり繰り返し放送されます。

このブレイクから母であるあずみさんとの親子コンサートの公演も話題となりました。

さらに同年6月には日本の男性3人組バンドであるワタナベフラワーとのユニットからなる『タン・タン・タン』をリリースします。

前作と同様に番組リクエストによる半年間の再放送プラス、Youtubeではわずか10か月で60万回再生の快挙を達成します。

その後の2014年12月には母あずみさんとのデュエットでNHKみんなのうた『はんぶんおとな』をリリースしてデビューからシングル3作品全てがみんなのうたに採用されます。

歌詞が娘と母のやりとりのような感じになっていてとってもほっこりする曲となっています。

その後は母との共演や週末にライブなどを行って勢力的に活動していました。

スポンサーリンク

ゆーゆのロックユニット!マグロ二カンがいかしている!

ゆーゆさんは2018年3月にはロックユニットマグロ二カンを結成します。

ポジションはギターボーカル。

今までポップでキャッチャーな柔らかい歌を歌っていたのとは一変して激しい曲調も歌うようになったのが話題を呼びます。

2020年1月にはマグロ二カンのメンバーが変わりギタリストの力丸が入り第二章がスタートしました。

その後の2021年2月4日に『微博アカウントフェスティバル』に出演して中国語と日本語のアレンジである『チョンアルフェイ』を歌います。

当時レッドカーペットを歩くのは初めての体験だったそうで緊張したそうですね。

その後は音楽意外の活動にも幅を広げて女優としても活躍し2020年2月に阪神淡路大震災をモデルにし「尊〜1000万ドルの夜景〜」に主演をとして出演します。

現在は母とともにYoutubeやマグロ二カンでの活動を中心に行っています。

ゆーゆのかわいい画像をまとめてみた!【井上あずみの娘】

最後に井上あずみさんの娘のゆーゆさんのかわいい画像をまとめてみました!

やはりこう見るとお母さんと似ていますね~~

成長に伴いよりあか抜けてきましたね!

ゆーゆの経歴!かわいい画像をまとめてみた!【井上あずみの娘】まとめ

それでは今回のまとめとして

・ゆーゆさんは3歳の頃白血病で入院して治療をしていた。

・ゆーゆさんが歌手を目指したのは歌手である母の影響で3歳から母のアルバムに参加した。

・母のアルバム参加を続ける中でNHKみんなのうたで6歳のバラードで歌手デビューしてブレイクする。

・ゆーゆさんのロックバンドユニットマグロ二カンを2018に結成して当時の印象と違う事で話題を呼ぶ。

・現在は母とYoutubeと自分のバンドであるマグロ二カンでの活動を中心に行っている。

最後まで記事を読んで頂ありがとうございます!